【天皇賞・秋2021】出走予定馬/過去データ/重賞騎手データ/予想の手助け 2021年10月31日(日)東京11R『GⅠ第163回天皇賞・秋』-重賞レース傾向分析

2021年10月17日

※この記事は2021年10月17日(日)に更新されています。

昨年の『天皇賞・秋2020』は前年の優勝馬の『アーモンドアイ』が単勝『1.4倍』の圧倒的1番人気に応え、見事に勝利し、『天皇賞・秋』(2002年〜2003年)の『シンボリクリスエス』以来の連覇(牝馬では史上初)・日本歴代最多のGⅠ『8勝』を達成しました。

この記事では『天皇賞・秋』についてできるだけ簡潔にわかりやすく解析しています。
少しでも予想の手助けになれば幸いです。

こんな方にオススメの記事です!

・『天皇賞・秋』ってどんなレース?

・『天皇賞・秋』の過去レース傾向を知りたい!

・『天皇賞・秋』の今年出走予定馬のデータ該当馬を知りたい!

本記事のテーマは天皇賞・秋の『レース概要過去レース傾向データ該当馬』を知ることです。

1.『天皇賞・秋』ってどんなレース?

レースについて

✔ 天皇賞は日本の競馬レースの中でも長い『歴史』と『伝統』を持つGⅠレース!
✔ 国内最高峰の古馬中距離戦!

コースについて

スタート地点は1コーナー奥のポケット。スタート後、約100m進んだところに左へ曲がる大きなカーブがある。向正面の長い直線を走り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3〜4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差は2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターン。3mごとに幅員が異なる。例年、Dコースは1〜2月に使用され、芝内側部分を保護している。2コーナーのカーブが大きな鬼門となるコース。スタート直後は馬群がかたまり気味になってしまうので、多頭数の大外枠は距離ロスを強いられることになり、非常に厳しい。向正面の直線に入ってもペースがあまり上がらないため、基本的にはスローの展開が多くなり、最後は決め手が問われる。ただ、前後半3ハロンの時計はクラスによる差はあまりない。中盤の厳しさがクラスの差につながる。天皇賞(秋)では1分58秒を切る速い時計が求められる。馬場が良好なときは逃げ・先行馬が非常に有利。馬場が少し痛むCコース、Dコースの時期になると逃げ馬が苦しくなり、差し馬の好走が増えてくる。追い込み馬は常に不利。直線距離が長くても、前の馬はそう簡単に止まらない。

引用:TARGET frontier JV

引用:TARGET frontier JV
出走条件について

✔ サラ系(サラブレッド)3歳馬以上で、『JRA所属馬』、『地方競馬所属馬(優先出走を得た馬のみ)』『外国馬(優先出走)』が出走可能。
※レーティング順位上位5頭
2021年1月1日〜9月5日付け『JPNサラブレッドランキング』
1位・・・グランアレグリア(121・M)
2位・・・エフフォーリア(120・I)
3位・・・クロノジェネシス(120・L)
4位・・・グローリーヴェイズ(120・I)
5位・・・シャフリヤール(120・L)
※M(Mile・1,301m〜1,899m),I(Intermediate・1,900m〜2,100m),L(Long・2,101m〜2,700m)

※優先出走権
・GⅡ『オールカマー』・・・1着馬
・GⅡ『毎日王冠』・・・1着馬

・GⅡ『京都大賞典』・・・1着馬

※地方競馬所属馬は上記トライアルレースで『2着以内』となった馬に優先出走権。

負担重量について

✔ 定量
○3歳馬・・・56kg(牝馬2kg減)
○4歳以上・・・58kg(牝馬2kg減)

賞金について

✔ レース賞金(2021年)
1着馬・・・『15000万円』
2着馬・・・『6000万円』
3着馬・・・『3800万円』
4着馬・・・『2300万円』
5着馬・・・『1500万円』

2.【天皇賞・秋2021】出走予定馬

※騎手は想定(○○は未定・回避予定)【馬名赤字は除外対象、黄マーカーは抽選対象】
※フルゲート【18頭】(打ち消し線は出走なし)
※馬名は五十音順
※2021年10月17日(日)現在

『馬名』をクリックすると『netkeiba.com』の各馬の競走成績がみられます。

馬名性齢騎手斤量調教師(※は2頭出し)
エフフォーリア牡3横山武史56鹿戸雄一(美)
カイザーミノル牡5〇〇58北出成人(栗)
カデナ牡7田辺裕信58中竹和也(栗)
カレンブーケドール牝5戸崎圭太56国枝栄(美)
グランアレグリア牝5C.ルメール56藤沢和雄(美)
コントレイル牡4福永祐一58矢作芳人(栗)
サンレイポケット牡6鮫島克駿58高橋義忠(栗)
トーセンスーリヤ牡6横山和生58小野次郎(美)
ヒシイグアス牡5松山弘平58堀宣行(美)
ペルシアンナイト牡7大野拓弥58池江泰寿(栗)
ポタジェ牡4吉田隼人58友道康夫(栗)
ムイトオブリガード牡7柴田善臣58角田晃一(栗)
モズベッロ牡5池添謙一58森田直行(栗)
ユーキャンスマイル牡6藤岡佑介58友道康夫(栗)
ラストドラフト牡5〇〇58戸田博文(美)
ワールドプレミア牡5岩田康誠58友道康夫(栗)

3.【天皇賞・秋2021】過去の結果

【天皇賞・秋2020】2020年11月1日(日)東京競馬場 芝2000m 12頭

着順馬番馬名(性齢)騎手人気斤量タイム着差コーナー通過
1着9アーモンドアイ(牝5C.ルメール1561.57.8③③④
2着6フィエールマン(牡5)福永祐一5581.57.91/2⑩⑨⑩
3着7クロノジェネシス(牝4北村友一2561.57.9クビ⑧⑨⑨

・単勝:(¥140)・複勝:(¥110)(¥260)(¥140)
・枠連:(¥780)・馬連:(¥970)
・ワイド:(¥420)(¥180)(¥670)
・馬単:(¥1,180)
・3連複:(¥960)
・3連単:(¥4,130)

勝ち馬プロフィール

アーモンドアイ』(牝5)・・・C.ルメール騎手

血統
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス

調教師:国枝栄(美)

主な勝ち鞍
・GⅢ『シンザン記念(2018年)』(芝1600m・戸崎圭太)
・GⅠ『桜花賞(2018年)』(芝1600m・C.ルメール)
・GⅠ『優駿牝馬(2018年)』(芝2400m・C.ルメール)
・GⅠ『秋華賞(2018年)』(芝2000m・C.ルメール)
・GⅠ『ジャパンカップ(2018年・2020年)』(芝2400m・C.ルメール)
・GⅠ『ドバイターフ(2019年)』(芝1800m・C.ルメール)

・GⅠ『天皇賞・秋(2019年・2020年)』(芝2000m・C.ルメール)
・GⅠ『ヴィクトリアマイル(2020年)』(芝1600m・C.ルメール)

4.『天皇賞・秋2021』の過去の傾向は?

『枠番傾向』(過去10年)

※着度数(1着ー2着ー3着ー着外/出走頭数)

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠1ー2ー0ー14/175.9%17.6%17.6%
2枠1ー1ー0ー16/185.6%11.1%11.1%
3枠0ー0ー3ー15/180%0%16.7%
4枠4ー1ー2ー12/1921.1%26.3%36.8%
5枠1ー3ー0ー16/205%20%20%
6枠2ー1ー1ー15/1910.5%15.8%21.1%
7枠1ー2ー2ー20/254%12%20%
8枠0ー0ー2ー24/260%0%7.7%
2011.10.30〜2020.11.01

過去10年のGⅠ『天皇賞・秋』の枠番傾向をみると、『4枠』が最多の『4勝』をマークしています。『3枠』、大外枠の『8枠』は過去10年では勝利・連対馬は出ていないのも注目のポイントです。
複勝率では『5枠』『6枠』『7枠』がやや高い数値を記録しています。

『血統傾向』(東京芝2000m・過去3年)

※着度数(1着ー2着ー3着ー着外/出走頭数)
※今回の出走予定馬対象(複勝率順)
※東京芝2000m(過去3年)

順位種牡馬名着別度数勝率連対率複勝率
ロードカナロア4ー4ー7ー19/3411.8%23.5%44.1%
ディープインパクト27ー29ー25ー125/20613.1%27.2%39.3%
ハーツクライ13ー17ー15ー90/1359.6%22.2%33.3%
キングカメハメハ13ー5ー4ー45/6719.4%26.9%32.8%
エピファネイア5ー3ー2ー23/3315.2%24.2%30.3%
ルーラーシップ4ー6ー7ー45/626.5%16.1%27.4%
ハービンジャー5ー4ー12ー59/806.3%11.3%26.3%
ディープブリランテ0ー2ー0ー8/100%20%20%
ノヴェリスト4ー0ー1ー20/2516%16%20%
ジャングルポケット1ー1ー1ー20/234.3%8.7%13%
ローエングリン0ー1ー0ー9/100%10%10%
2018.01.27〜2021.10.10

東京芝2000mの血統傾向を見てみると、出走頭数が断トツで多いながら『ディープインパクト産駒』が好成績を収めています。
GⅠ『天皇賞・秋』では過去10年で2011年〜2012年はディープインパクト産駒の出走馬はいなかったものの、不良馬場で行われたGⅠ『天皇賞・秋』(2017年)以外(2017年の最高着順は『リアルスティール』の『4着』)の7年間は1頭以上が馬券に絡んでおり、現在2018年〜2020年の3年連続『サングレーザー(2018年)、ダノンプレミアム(2019年)、フィエールマン(2020年)』で連対中です。
『ディープインパクト産駒』の勝利はGⅠ『天皇賞・秋』(2014年)の『スピルバーグ』まで遡ります。
該当馬(ディープインパクト産駒)

・『カデナ』
・『カレンブーケドール』
・『グランアレグリア』
・『コントレイル』
・『ポタジェ』
・『ワールドプレミア』

また、『ロードカナロア産駒』も複勝率が高く、GⅠ『天皇賞・秋』(2019年、2020年)では『アーモンドアイ』の2連覇があります。
該当馬(ロードカナロア産駒)
・『カイザーミノル』

『前走レース別傾向』(過去10年)

※着度数(1着ー2着ー3着ー着外/出走頭数)

前走レース着別度数勝率連対率複勝率
GⅠ3ー6ー4ー25/387.9%23.7%34.2%
GⅡ7ー4ー6ー92/1096.4%10.1%15.6%
GⅢ0ー0ー0ー9/90%0%0%
オープン特別0ー0ー0ー3/30%0%0%
海外レース0ー0ー0ー3/30%0%0%
2011.10.30〜2020.11.01

過去10年の前走レース別をみてみると、勝ち馬・3着以内馬は全て前走国内の『GⅠ』『GⅡ』を走っていた馬でした。前走『GⅡ』が『7勝』で最多、『GⅠ』が『3勝』で続きます。
今回出走予定馬の前走GⅡ該当レースは『毎日王冠』『札幌記念』『京都大賞典』『中山記念』
該当馬(前走毎日王冠)【3ー2ー5ー39/49】複勝率20.4%

・『カイザーミノル』
・『カデナ』
・『サンレイポケット』
・『ポタジェ』

・『ラストドラフト』
該当馬(前走札幌記念)
【2ー1ー0ー13/16】複勝率18.8%
・『ペルシアンナイト』
・『ユーキャンスマイル』

該当馬(前走京都大賞典)【1ー0ー0ー13/14】複勝率7.1%
・『ムイトオブリガード』
・『モズベッロ』
該当馬(前走中山記念)【0ー0ー0ー1/1】複勝率0%
・『ヒシイグアス』

今回出走予定馬の前走GⅠ該当レースは『安田記念』『天皇賞・春』『宝塚記念』『東京優駿(日本ダービー)』『大阪杯』 
該当馬(前走安田記念)【2ー2ー0ー4/8】複勝率50%
・『グランアレグリア』
該当馬(前走天皇賞・春)【0ー1ー1ー4/6】複勝率33.3%
・『ワールドプレミア』
該当馬(前走宝塚記念)【1ー3ー3ー16/23】複勝率30.4%
・『カレンブーケドール』
該当馬(前走東京優駿)【0ー0ー0ー1/1】複勝率0%
・『エフフォーリア』
該当馬(前走大阪杯)【出走馬なし】
・『コントレイル』

5.【天皇賞・秋2021】東京芝2000m重賞騎手データ

【天皇賞・秋2021】に騎乗予定騎手の過去の東京芝2000m重賞を元にランキング形式で紹介しています。
重賞で有力馬やあなたの本命馬に騎乗する騎手は果たして信頼できるのか?
複勝率順で順位付けしています。

※集計対象レースは GⅠ『天皇賞・秋』GⅡ『フローラS』です。

【1着ー2着ー3着ー着外/合計】で表示しています。

順位騎手着別度数勝率連対率複勝率
C.ルメールー1ー1ー7/1435.7%42.9%50%
横山武史ー0ー0ー1/250%50%50%
戸崎圭太ー3ー3ー8/156.7%26.7%46.7%
岩田康誠ー4ー1ー13/195.3%26.3%31.6%
吉田隼人0ー1ー0ー3/40%25%25%
福永祐一ー1ー2ー15/195.3%10.5%21.1%
柴田善臣ー3ー2ー44/537.5%13.2%17%
池添謙一ー0ー0ー12/137.7%7.7%7.7%
田辺裕信0ー0ー0ー18/180%0%0%
大野拓弥0ー0ー0ー10/100%0%0%
藤岡佑介0ー0ー0ー5/50%0%0%
松山弘平0ー0ー0ー1/10%0%0%
横山和生0ー0ー0ー1/10%0%0%
鮫島克駿騎乗機会なしNNN

6.【天皇賞・秋2021年】ちょこっとデータ

◎過去10年は『5歳馬』が最多『7勝』、4歳馬が『3勝』

年齢着別度数勝率連対率複勝率
3歳0ー1ー1ー9/110%9.1%18.2%
4歳ー6ー5ー31/456.7%20%31.1%
5歳ー3ー3ー36/4914.3%20.4%26.5%
6歳0ー0ー1ー29/300%0%3.3%
7歳0ー0ー0ー18/180%0%0%
8歳0ー0ー0ー7/70%0%0%
2011.10.30〜2020.11.01

該当馬(3歳馬)
・『エフフォーリア』
該当馬(4歳馬)
・『コントレイル』
・『ポタジェ』
該当馬(5歳馬)

・『カイザーミノル』
・『カレンブーケドール』
・『グランアレグリア』
・『ヒシイグアス』

・『モズベッロ』
・『ラストドラフト』
・『ワールドプレミア』

◎2018年〜2020年の3年連続で『C.ルメール騎手』が勝利中

・『レイデオロ』(2018年)
・『アーモンドアイ』(2019年)
・『アーモンドアイ』(2020年)

該当馬:『グランアレグリア』

◎過去10年は『栗東所属の騎手』が最多『7勝』、『美浦所属の騎手』が『1勝』、『短期免許の外国人騎手』が『2勝』

騎手所属成績勝率連対率複勝率
栗東7-5-6-68/868.1%14%20.9%
美浦1-3-3-51/588.1%6.9%12.1%
外国2-2-1-13/1811.1%22.2%27.8%
2011.10.30〜2020.11.01

該当騎手(栗東所属)
・『C.ルメール騎手』
・『福永祐一騎手』
・『鮫島克駿騎手』
・『松山弘平騎手』

・『池添謙一騎手』
・『岩田康誠騎手』
・『藤岡佑介騎手』
該当騎手(美浦所属)
・『戸崎圭太騎手』
・『横山武史騎手』
・『吉田隼人騎手』
・『田辺裕信騎手』
・『柴田善臣騎手』

・『大野拓弥騎手』
・『横山和生騎手』
該当騎手(外国)
該当なし

ここまでご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ