【ローズステークス2021】出走予定馬/過去データ/買いの騎手/予想の手助け 2021年9月19日(日)中京11R『GⅡ第39回ローズS(秋華賞トライアル)』-重賞レース傾向分析

2021年9月16日

※この記事は2021年9月16日(木)に更新されています。

昨年の『ローズステークス2020』年は従来行われていた『阪神競馬場』から14年振りに『中京競馬場』で開催されました。
レースは3番人気の『リアアメリア』が優勝、2着には14番人気で単勝103.9倍の『ムジカ』、3着には11番人気の『オーマイダーリン』が入り、3連単『113万9千円』という大波乱決着となりました。

この記事では『ローズステークス』についてできるだけ簡潔にわかりやすく解析しています。
少しでも予想の手助けになれば幸いです。

こんな方にオススメの記事です!

・『ローズステークス』ってどんなレース?

・『ローズステークス』の過去レース傾向を知りたい!

・『ローズステークス』の今年出走予定馬のデータ該当馬を知りたい!

本記事のテーマはローズステークスの『レース概要過去レース傾向データ該当馬』を知ることです。

1.『ローズステークス』ってどんなレース?

レースについて

✔ 3歳の『牝馬』による牝馬クラシック最後の1冠、GⅠ『秋華賞』の前哨戦!
✔ 『3着』までにGⅠ『秋華賞』への優先出走権!
✔ 今年は昨年に引き続き『中京競馬場』で開催!(以前は阪神競馬場)

※『京都競馬場』が改修工事で開催日割が変更のため・芝状態を考慮しているため『中京競馬場』での開催となっています。

コースについて

ホームストレッチ中央から左寄り、上り坂の途中からのスタート。一回目のゴール板前を過ぎた後、グルリと一周する。1〜2コーナーのカーブは緩い上り坂で、残り1080m地点まで続く。その後は緩やかな下り坂に入る。3〜4コーナー部分はすべて下り坂で、最後の直線へ。ゴール手前340m地点より240m地点にかけては高低差2.0mの急な上り坂。勾配は2.0%で、中山競馬場芝コースに次いで傾斜がきつい坂が設けられている。ラスト240mはほぼ平坦。芝コース全体の高低差は3.5m。最後の直線距離はAコース時、Bコース時ともに412.5m。改装によって大きく変貌を遂げたコース。前半のペースがかなり遅くなることが増え、結果としてスローペースの上がり勝負というレースが格段に増えた。全体の半分ぐらいはスローペースと考えてよい。40%が平均ペースで、残りがハイペースというイメージ。ペースが落ち着くと逃げ馬を中心に、前で残る確率が高まる。平均ペースであれば先行馬が有利。その際の逃げ馬と差し馬は互角。枠順は8枠だけが不利で、その他はフラット。特に多頭数での16番ゲートよりも外はかなり厳しい。

引用:TARGET frontier JV

引用:TARGET frontier JV
出走条件について

✔ サラ系(サラブレッド)3歳の『牝馬』で、『JRA所属馬』、『地方競馬所属馬(3頭まで)』『外国馬(優先出走)』が出走可能。
※地方所属馬は秋華賞の出走候補馬(3頭まで)に優先出走。
※3歳春のクラシックレース・GⅠ『NHKマイルC』で2着以内の馬にも出走権がある。

負担重量について

✔ 馬齢(54kg)

賞金について

✔ レース賞金(2021年)
1着馬・・・『5200万円』
2着馬・・・『2100万円』
3着馬・・・『1300万円』
4着馬・・・『780万円』
5着馬・・・『520万円』

2.【ローズステークス2021】出走予定馬

※騎手は想定(○○は未定・回避予定)【馬名赤字は除外対象、黄字マーカーは抽選対象】
※登録馬【22頭】フルゲート【18頭】(打ち消し線は出走なし)
※馬名は五十音順
※2021年9月16日(木)現在

『馬名』をクリックすると『netkeiba.com』の各馬の競走成績がみられます。

馬名性齢騎手斤量調教師(※は2頭出し)
アールドヴィーヴル牝3松山弘平54今野貞一 (栗)
アイコンテーラー牝3亀田温心54河内洋 (栗)
アンドヴァラナウト牝3福永祐一54池添学 (栗)
イリマ牝3幸英明54高橋亮 (栗)
エイシンヒテン牝3松若風馬54渡辺薫彦 (栗)
エンスージアズム牝3岩田望来54安田翔伍 (栗)
オータムヒロイン牝3古川吉洋54鮫島一歩 (栗)
オヌール牝3川田将雅54友道康夫 (栗)
オパールムーン牝3横山典弘54昆貢 (栗)
クールキャット牝3C.ルメール54奥村武 (美)
コーディアル牝3鮫島克駿54高野友和 (栗)
ストゥーティ牝3吉田隼人54奥村豊 (栗)
スパークル牝3藤岡佑介54中内田充正(栗)
タガノディアーナ牝3和田竜二54長谷川浩大(栗)
タガノパッション牝3岩田康誠54鮫島一歩 (栗)
ディヴィーナ牝3〇〇54友道康夫 (栗)
ハッピーオーサム牝3〇〇54藤原英昭 (栗)
プリュムドール牝3武豊54奥村豊 (栗)
マリアエレーナ牝3○○54吉田直弘 (栗)
ミヤビハイディ牝3○○54高橋文雅 (美)
メイショウオニユリ牝3池添謙一54池添兼雄 (栗)
レアシャンパーニュ牝3浜中俊54音無秀孝 (栗)

3.【ローズステークス2021】過去の結果

【ローズステークス2020】2020年9月20日(日)中京競馬場 芝2000m 18頭

着順馬番馬名(性齢)騎手人気斤量タイム着差コーナー通過
1着リアアメリア(牝3川田将雅3541.59.9②②②②
2着13ムジカ(牝3秋山真一郎14542.00.22➡⑪⑪⑩⑪
3着オーマイダーリン(牝3和田竜二11542.00.41 1/4➡⑯⑬⑩

・単勝:1(¥510)・複勝:1(¥250)13(¥2,030)(¥1,160)
・枠連:1ー(¥950)・馬連1ー13(¥29,960)
・ワイド:1ー13(¥8,060)1−(¥3,580)13(¥19,380)
・馬単:1➡13(¥39,230)
・3連複:1ー13(¥211,480)
・3連単:1➡13(¥1,139,000)

勝ち馬プロフィール

リアアメリア』(牝3)・・・川田将雅

血統
父:ディープインパクト
母:リアアントニア
母父:Rockport Harbor 

調教師:中内田充正(栗)

主な勝ち鞍
GⅢ『アルテミスステークス(2019年)』(芝1600m・川田将雅)
GⅡ『ローズステークス(2020年)』(芝2000m・川田将雅)

4.『ローズステークス』の過去の傾向は?

『枠番傾向』(中京芝2000m・過去3年)

※着度数(1着ー2着ー3着ー着外/出走頭数)
※過去10年で阪神開催が『9回』、中京開催が『1回』のため過去3年の中京芝2000mのデータを紹介しています。

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠15ー21ー17ー152/2057.3%17.6%25.9%
2枠25ー17ー9ー163/21411.7%19.6%23.8%
3枠14ー17ー19ー178/2286.1%13.6%21.9%
4枠16ー20ー17ー185/2386.7%15.1%22.3%
5枠23ー20ー28ー187/2588.9%16.7%27.5%
6枠20ー21ー14ー213/2687.5%15.3%20.5%
7枠16ー18ー34ー251/3195%10.7%21.3%
8枠27ー22ー18ー260/3278.3%15%20.5%
2018.01.13〜2021.06.13

中京芝2000mは『8枠』が不利な印象を受けますが、近3年の枠番傾向をみると、特に目立つところは無くフラットです。

『血統傾向』(中京芝2000m・過去3年)

※着度数(1着ー2着ー3着ー着外/出走頭数)
※今回の出走予定馬対象(複勝率順)
※中京芝2000m(過去3年)

順位種牡馬名着別度数勝率連対率複勝率
エピファネイア5ー7ー6ー29/4710.6%25.5%38.3%
ディープインパクト34ー22ー20ー123/19917.1%28.1%38.2%
ジャスタウェイ4ー9ー6ー33/527.7%25%36.5%
キングカメハメハ5ー9ー16ー57/875.7%16.1%34.5%
キズナ5ー4ー4ー34/4710.6%19.1%27.7%
ゴールドシップ3ー3ー3ー26/358.6%17.1%25.7%
エイシンヒカリ0ー0ー1ー3/40%0%25%
ドゥラメンテ1ー2ー3ー22/283.6%10.7%21.4%
リオンディーズ1ー0ー1ー9/119.1%9.1%18.2%
ヴィクトワールピサ2ー4ー4ー46/563.6%10.7%17.9%
モーリス4ー0ー1ー24/2913.8%13.8%17.2%
クロフネ2ー0ー0ー10/1216.7%16.7%16.7%
スクリーンヒーロー0ー0ー3ー18/210%0%14.3%
2018.01.13〜2021.06.13

複勝率はわずかに『エピファネイア産駒』がトップです。
昨年の中京開催『ローズステークス』(2020年)では14番人気の『ムジカ』が『2着』に入るなど好走例があります。
該当馬
・『コーディアル』
・『スパークル』
・『ミヤビハイディ』
・『レアシャンパーニュ』

勝率・連対率ともにトップは出走頭数が断然多い『ディープインパクト産駒』です。
昨年の中京開催『ローズステークス』(2020年)では『リアアメリア・1着』、11番人気の『オーマイダーリン』が3着に好走しています。、
ローズステークスでは阪神開催の時でも毎年のように『ディープインパクト産駒』が馬券に絡んでいますので人気薄でも注目したいポイントです。
該当馬
・『エンスージアズム』
・『オヌール』
・『ハッピーオーサム』

『前走レース別傾向』

※着度数(1着ー2着ー3着ー着外/出走頭数)
※過去10年(阪神開催も含みます)

前走レース着別度数勝率連対率複勝率
GⅠ8ー4ー2ー47/6113.1%19.7%23%
GⅡ0ー1ー0ー2/30%33.3%33.3%
GⅢ0ー0ー0ー4/40%0%0%
オープン特別0ー0ー0ー3/30%0%0%
3勝クラス0ー0ー0ー2/20%0%0%
2勝クラス0ー1ー6ー20/270%3.7%25.9%
1勝クラス2ー3ー2ー35/424.8%11.9%16.7%
未勝利0ー1ー0ー4/50%20%20%
地方レース0ー0ー0ー7/70%0%0%

前走のレース別にみると、『GⅠ』からのローテーションが好走率が高いです。
しかし、過去10年『GⅠ』組は全て『オークス』からのローテーションでしか馬券内に来ていません。
前走GⅠ『オークス』(8ー4ー2ー37/51)複勝率27.5%
該当馬
・『アールドヴィーヴル』
・『エンスージアズム』
・『クールキャット』
・『タガノパッション』
・『ミヤビハイディ』
の5頭が該当しています。

前走『GⅡ』組からは『ローズステークス』(2016年)の『クロコスミア』の『2着』のみで前走は『フローラS』でした。
該当馬
・『オヌール』
・『オパールムーン』

重賞戦線以外だと、『2勝クラス』からのローテーションが目立ちます。勝ちはありませんが、他ローテーションと比べて複勝率が高いのも注目のポイントです。
該当馬
・『エイシンヒテン』
・『オータムヒロイン』
・『スパークル』
・『タガノディアーナ』
・『マリアエレーナ』
の5頭が該当しています。

5.【ローズステークス2021】買いの騎手ランキング

【ローズステークス2021】に騎乗予定騎手の過去の中京芝2000m重賞を元にランキング形式で紹介しています。
重賞で有力馬やあなたの本命馬に騎乗する騎手は果たして信頼できるのか?
※複勝率順で順位付けしています。

※集計対象レースは GⅡ『高松宮杯』GⅡ『金鯱賞』GⅡ『神戸新聞杯』GⅡ『ローズステークス』GⅢ『中京記念』GⅢ『愛知杯』GⅢ『朝日チャレンジカップ』』GⅢ『鳴尾記念』GⅢ『サファイヤS』GⅢ『きさらぎ賞』です。

【1着ー2着ー3着ー着外/合計】で表示しています。

第1位『岩田康誠騎手』

第1位【3ー2ー2ー7/14】複勝率50%今回騎乗騎手中3位タイ3勝を挙げている『岩田康誠騎手』です。
集計範囲:2006.05.27〜2021.06.05

現在、中京芝2000m重賞は騎乗機会『2連続』で『3着』となっており、最後に勝利したのはGⅢ『愛知杯』(2017年)『マキシマムドパリ』となっています。

1人気〜5人気の上位人気だと【3ー2ー1ー3/9】複勝率66.7%と人気馬騎乗では信頼度が高い騎手です。

第2位『C.ルメール騎手』

第2位【4ー1ー2ー8/15】複勝率46.7%今回騎乗騎手中2位4勝を挙げている『C.ルメール騎手』です。
※集計範囲:2006.12.03〜2021.03.14

第2位にランクインしたルメール騎手ですが、GⅡ『金鯱賞』(2020年)『サートゥルナーリア』での勝利が最後となっており、現在、騎乗機会『4連続』で馬券外が続いています。

1人気〜5人気の上位人気だと【3ー1ー2ー7/13】複勝率46.2%となっています。

第3位『川田将雅騎手』

第3位【5ー2ー4ー15/26】複勝率42.3%今回騎乗騎手中トップタイ5勝を挙げている『川田将雅騎手』です。
※集計範囲:2004.06.06〜2021.06.05

第3位にランクインした川田騎手ですが、昨年の『ローズステークス』(2020年)『リアアメリア』に引き続き連覇がかかります。
この勝利以降は勝ちがありませんが、
近3回の勝利は全て『ディープインパクト産駒』での勝利となっています。
GⅢ『中日新聞杯』(2016年)『サトノノブレス』、GⅡ『金鯱賞』(2019年)『ダノンプレミアム』、GⅡ『ローズステークス』(2020年)『リアアメリア』

1人気〜5人気の上位人気だと【5ー2ー4ー10/21】複勝率52.4%と人気馬騎乗では信頼度が高い騎手です。

第4位『武豊騎手』

第4位【5ー6ー9ー28/48】複勝率41.7%今回騎乗騎手中トップタイ5勝を挙げている『武豊騎手』です。
※集計範囲:1987.03.22〜2021.06.05

第4位にランクインした武豊騎手ですが、GⅢ『愛知杯』(2006年)『アドマイヤキッス』で勝利してから『約15年』勝利から遠ざかっています。
それでも直近10回の騎乗では【0ー1ー3ー6/10】複勝率40%を記録しています。

第5位『池添謙一騎手』

第5位【3ー3ー4ー20/30】複勝率33.3%今回騎乗騎手中3位タイ3勝を挙げている『池添謙一騎手』です。
集計範囲:1999.02.21〜2021.06.05

第5位にランクインした池添騎手ですが、GⅡ『金鯱賞』(2017年)『ヤマカツエース』が最後の勝利で、『約4年半』勝ちがありません。
勝利したのは『3勝』はいずれもGⅡ『金鯱賞』となっています。

第6位『横山典弘騎手』

第6位【1ー1ー1ー7/10】複勝率30%の『横山典弘騎手』です。
集計範囲:2002.05.25〜2019.03.10

第6位にランクインした横山典弘騎手ですが、GⅡ『金鯱賞』(2002年)『ツルマルボーイ』での勝利以来、『約19年』勝ちがありません。
また、GⅢ『中日新聞杯』(2017年)『ロードヴァンドール』の『3着』が最後の馬券内で『約4年前』となっています。

第7位『和田竜二騎手』

第7位【1ー3ー3ー19/26】複勝率26.9%の『和田竜二騎手』です。
集計範囲:1997.05.24〜2021.02.07

第7位にランクインした和田竜二騎手ですが、GⅢ『朝日チャレンジカップ』(2006年)『トリリオンカット』での勝利以来、『約15年』勝ちがありません。
直近10回での騎乗は【0ー2ー2ー6/10】複勝率40%を記録しています。

第8位タイ『松山弘平騎手』

第8位タイ【2ー2ー0ー16/20】複勝率20%の『松山弘平騎手』です。
集計範囲:2010.03.13〜2021.06.05

第8位タイにランクインした松山騎手ですが、GⅡ『金鯱賞』(2021年)『デアリングタクト』の『2着』が最後の馬券内となっています。

第8位タイ『藤岡佑介騎手』

第8位タイ【2ー0ー2ー16/20】複勝率20%の『藤岡佑介騎手』です。
集計範囲:2004.05.29〜2020.09.20

第8位タイにランクインした藤岡佑介騎手ですが、GⅡ『金鯱賞』(2007年)『ローゼンクロイツ』での勝利以来、『約14年半』勝ちがありません。
GⅢ『愛知杯』(2018年)『マキシマムドパリ』の『3着』が最後の馬券内となっています。

第10位『福永祐一騎手』

第10位【1ー1ー2ー24/28】複勝率14.3%の『福永祐一騎手』です。
集計範囲:1996.03.17〜2021.06.05

第10位にランクインした福永騎手ですが、中京芝コースは得意のように見えますが中京芝2000m重賞ではあまり良くはありません。
GⅡ『金鯱賞』(2009年)『サクラメガワンダー』での勝利以来、『約12年半』勝ちがありません。
また、1〜5人気の上位人気馬騎乗時は【1ー0ー2ー16/19】複勝率15.8%で、あまり結果が出ていません。

第11位『幸英明騎手』

第11位【1ー3ー1ー34/39】複勝率12.8%の『幸英明騎手』です。
集計範囲:1994.12.11〜2021.06.05

第11位にランクインした幸騎手ですが、GⅢ『愛知杯』(2000年)『トゥナンテ』での勝利以来、『約21年』勝利がありません。
GⅡ『金鯱賞』(2018年)『サトノノブレス』の『2着』が最後の馬券内となっています。

第12位『鮫島克駿騎手』

第12位【0ー1ー0ー7/8】複勝率12.5%の『鮫島克駿騎手』です。
集計範囲:2016.01.16〜2021.06.05

第12位にランクインした鮫島克駿騎手ですが、未だ中京芝2000mの重賞で勝利がありません。
GⅢ『中日新聞杯』(2018年)『ショウナンバッハ』の『2着』が唯一の馬券内となっています。

第13位『吉田隼人騎手』

第13位【0ー0ー1ー15/16】複勝率6.3%の『吉田隼人騎手』です。
集計範囲:2012.03.04〜2020.12.12

第13位にランクインした吉田隼人騎手ですが、未だ中京芝2000mの重賞で勝利がありません。
GⅢ『中日新聞杯』(2019年)『アイスストーム』の『3着』が唯一の馬券内となっています。

第14位以下

『松若風馬騎手』【0ー0ー0ー10/10】複勝率0%

『古川吉洋騎手』【0ー0ー0ー10/10】複勝率0%

『浜中俊騎手』【0ー0ー0ー5/5】複勝率0%

『岩田望来騎手』【0ー0ー0ー4/4】複勝率0%

『亀田温心騎手』騎乗機会なし

6.【ローズステークス2021】ちょこっとデータ

◎『ディープインパクト産駒』が過去10年で『7勝』と圧倒的(阪神コース開催時も含みます)

ディープインパクト産駒は過去10年で馬券に絡まなかったのは『2回』のみ。
昨年の中京コース替わりでも『2頭』が馬券内に!

馬名人気
2020年(中京開催)リアアメリア
オーマイダーリン

11

2019年ダノンファンタジー
2018年カンタービレ
サラキア
ラテュロス


13


2017年カワキタエンカ
2016年シンハライト
2015年タッチングスピーチ
ミッキークイーン


2013年デニムアンドルビー
ウリウリ

10

2012年ジェンティルドンナ
ヴィルシーナ
ラスヴェンチュラス




2011.09.18〜2020.0920

該当馬
・『エンスージアズム』
・『オヌール』
・『ハッピーオーサム』

◎過去10年『ノーザンファーム生産馬』が最多の『6勝』(阪神コース開催時も含みます)

該当馬
・『アールドヴィーヴル』
・『アンドヴァラナウト』
・『コーディアル』
・『ストゥーティ』
・『スパークル』
・『ディヴィーナ』
・『ハッピーオーサム』
・『レアシャンパーニュ』

◎前走『オークス』で『5着』以内だと【7ー2ー2ー7/18】複勝率61.1%(阪神コース開催時も含みます)

該当馬
・『タガノパッション』(オークス4着)
・『アールドヴィーヴル』(オークス5着)

◎過去10年の勝ち馬『10頭』中『8頭』は重賞勝ちの経験のある馬(阪神コース開催時も含みます)

該当馬:『クールキャット』

ここまでご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ