【中央競馬予想】2021年10月9日(土)『新潟』『阪神』『東京』

こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。

本記事では今週『新潟』『阪神』『東京』で行われる中央競馬レースで3着以内に入りそうな馬を予想しています。
少しでも軸馬の予想の参考になれれば幸いです。

※レース終了後、当日中に結果反映予定

目次(クリックでページに移動できます!)

※『馬名』クリックで『netkeiba.com』の『競走馬データ』がみられます。

新潟(芝コースAコース)

〇11R『村上特別(3歳以上・2勝クラス)』芝1800m

阪神(芝コースAコース)

〇8R『3歳以上・2勝クラス』芝1600m

○11R『オパールステークス(3歳以上・オープン)』芝1200m

東京(芝コースAコース)

〇9R『山中湖特別(3歳以上・2勝クラス・牝)』芝2000m

○11R『GⅢ第7回サウジアラビアロイヤルカップ(2歳・オープン)』芝1600m

新潟(芝コースAコース)

〇11R『村上特別(3歳以上・2勝クラス)』芝1800m

アイコンテーラー牝3・・・亀田温心騎手 53

新潟は2戦2勝…
新潟芝コースはこれまで2戦2勝と好相性。
今回は新潟開催1日目のため、先行馬は有利とみる。
近2走は世代重賞を使われてきたが、前走はメンバーレベルの高かったGⅡ『ローズステークス』(2021年)で『8着』も初の左回り急坂コースで直線残り200mまで見応えのある競馬だった。

今回は距離短縮+2戦2勝の新潟芝コースで狙いたい1頭。
ドゥラメンテ産駒同コース過去3年(3ー4ー5ー15/27)複勝率44.4%

阪神(芝コースAコース)

〇8R『3歳以上・2勝クラス』芝1600m

タガノディアーナ牝3・・・和田竜二騎手 53

前走はかなりロスの多い競馬…
前走の世代重賞GⅡ『ローズステークス』(2021年)は外枠発走で、位置取りも後方、3コーナーのカーブ付近で早めにマクって、かなりロスの多い競馬となった。
それでも直線しぶとく伸びており、『0.5差』の『5着』と善戦し、世代上位の能力を魅せた。
今回は少頭数で、前走よりも前目にレース運びができれば、勝ち負けできる。

○11R『オパールステークス(3歳以上・オープン)』芝1200m

シーズンズギフト牝4・・・池添謙一騎手 53

前走は初のスプリント戦も…
前走『福島テレビオープン』は初の1200m挑戦も『0.3差』の『4着』に善戦。
戦績からも右回りの1600m以下は大崩れしておらず、
今回は初の阪神コースもスプリント戦2戦目で、上昇に期待したい。

東京(芝コースAコース)

〇9R『山中湖特別(3歳以上・2勝クラス・牝)』芝2000m

メイサウザンアワー牝3・・・M.デムーロ騎手 53

同コースの世代重賞で善戦…
3走前の世代重賞であるGⅡ『フローラステークス』(2021年)では次走GⅠ『優駿牝馬(オークス)』(2021年)を勝利した『3着』の『ユーバーレーベン』に『クビ差』の『4着』に好走した。
東京は開催1日目で先行馬有利+少頭数レースでスローペース前残りとみて期待したい。
M.デムーロ騎手同コース過去3年(9ー7ー13ー33/62)複勝率46.8%

○11R『GⅢ第7回サウジアラビアロイヤルカップ(2歳・オープン)』芝1600m

ステルナティーア牝2・・・福永祐一騎手 54

前走は楽勝…
前走『新馬戦』はレースは中団に位置取り、直線半ばまで手応え抜群で2着馬に『ー0.5差』で『3馬身差』の圧勝、ゴールまでの上がり3F1位の『32.7』だった。
全兄『ステルヴィオ』はGⅠ『マイルチャンピオンシップ』(2018年)などを勝利、GⅢ『サウジアラビアロイヤルカップ』(2017年)は『2着』。

GⅢ『サウジアラビアロイヤルカップ』(2021年)の重賞データ分析はこちらから

ここまでご覧いただきありがとうございました。
次回は2021年10月10日(日)の中央競馬予想『東京』『阪神』『新潟』になります。

こちらの記事もどうぞ