【中央競馬予想】2021年9月12日(日)『中京』『中山』

2021年9月12日

こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。

本記事では今週『中京』『中山』で行われる中央競馬レースで3着以内に入りそうな馬を予想しています。
少しでも軸馬の予想の参考になれれば幸いです。

※レース終了後、当日中に結果反映予定

目次(クリックでページに移動できます!)

※『馬名』クリックで『netkeiba.com』の『競走馬データ』がみられます。

中京(芝コースAコース)

○11R『GⅡ第35回産経賞セントウルステークス』芝1200m

中山(芝コースBコース)

○7R『3歳以上・1勝クラス』芝1600m

○10R『セプテンバーS(3歳以上・3勝クラス・ハンデ)』芝1200m

○11R『GⅢ第66回京成杯AH(3歳以上・オープン・ハンデ)』芝1600m

中京(芝コースAコース)

○11R『GⅡ第35回産経賞セントウルステークス』芝1200m

クリノガウディー』牡5・・・岩田康誠騎手 56 

幻のGⅠ馬が同舞台で…

同コースのGⅠ『高松宮記念』(2020年)では『1着入線』も、直線での斜行により『4着』に降着と悔しい結果になった。
近2走は『中京芝1200m』➡『中京芝1400m』を走り『2連勝』と岩田康誠騎手に乗り替わってから手が合うのか、完全に本格化した印象を受ける。

前走『安土城S』では中京芝1400mの日本レコードを更新。
昨年のGⅡ『セントウルS』(2020年)は『7着』も中団より後ろの位置取りで、着順上位馬(1着〜6着)は全て道中1桁通過順だった。
2桁通過順の馬の中でクリノガウディーは上がり3F『2位』で最先着しており決して悲観する内容ではなく、近2走の内容から今回は中団より前目につけると予想し、勝ち負けに期待したい。

岩田康誠騎手中京芝1200m重賞はキャリア(2ー5ー2ー13/22)複勝率40.9%

4人気(10.3倍)・・・3着
複勝(2.3倍)

中山(芝コースBコース)

○7R『3歳以上・1勝クラス』芝1600m

ボーデン』牡3・・・川田将雅騎手 55

ここは通過点…
前走は世代限定重賞のGⅢ『ラジオNIKKEI賞』(2021年)で1番人気に支持されるも、スタートで出遅れて『6着』に敗れてしまった。
中山芝では2走前にGⅡ『スプリングS』(2021年)で『3着』に好走実績があるように、全く問題ない。
ここは負けられない1戦。
過去3走で騎乗してきた川田将雅騎手に戻るのもプラス(1ー1ー1ー0/3)複勝率100%
川田将雅騎手は同コースで過去3年(6ー1ー3ー6/16)複勝率62.5%

1人気(1.1倍)・・・4着

○10R『セプテンバーS(3歳以上・3勝クラス・ハンデ)』芝1200m

レノーア牝5・・・石川裕紀人騎手 52

中山芝で好走期待…
前走は久々の1200mを走り1着馬に『0.2差』の5着に好走。
今回走る中山芝は(1ー0ー1ー3/5)複勝率40%だが、大崩したのは4走前のみで、この時はキャリア最長の休み明けの中20週だった。それ以外は全て掲示板内と好走している。
中7〜9週のローテーション(0ー0ー3ー2/5)複勝率60%
休み明け4戦目(0ー0ー2ー0/2)複勝率100%
夏場(7月〜9月)は(0ー1ー2ー4/7)複勝率42.9%

7人気(11.1倍)・・・3着
複勝(3.6倍)

○11R『GⅢ第66回京成杯AH(3歳以上・オープン・ハンデ)』芝1600m

マルターズディオサ牝4・・・田辺裕信 55

休み明けで好走…
中10週以上の休み明けは(2ー2ー0ー1/5)複勝率80%
前走GⅠ『ヴィクトリアマイル』(2021年)の『9着』は『中7週』だった。
中10週以上で唯一の馬券外は2走前のGⅠ『高松宮記念』(2021年)の『9着』だが、初のスプリント戦で『0.4差』は好走の部類に入るであろう。
同時期にGⅢ『紫苑ステークス』(2020年)なども勝利しており、夏場は問題ない。
十分な休養期間を得た今回は好走を期待できる。

4人気(8.6倍)・・・8着

ここまでご覧いただきありがとうございました。
次回は2021年9月18日(土)の中央競馬予想『中京』『中山』になります。

こちらの記事もどうぞ