【中央競馬予想】2021年8月1日(日)『函館』『新潟』

2021年9月10日

こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。

本記事では今週『函館』『新潟』で行われる中央競馬レースで『3着以内に入りそうな馬』を予想しています。
少しでも軸馬の予想の参考になれれば幸いです。

※レース終了後、当日中結果反映予定

目次(クリックでページに移動できます!)

※『馬名』クリックで『netkeiba.com』の『競走馬データ』がみられます。

函館(芝コースBコース)

○9R「長万部特別(3歳以上・1勝クラス)」芝1200m

○10R「横津岳特別(3歳以上・2勝クラス)」芝2600m

○11R「第69回北海道新聞杯クイーンステークス(GⅢ)」芝1800m

新潟(芝コースAコース)

○10R「柳都S(3歳以上・3勝クラス)」ダート1800m

○11R「関越S(3歳以上・オープン)」芝1800m(外)

函館(芝コースBコース)

○9R「長万部特別(3歳以上・1勝クラス)」芝1200m

タマモダイジョッキ』牡3・・・武豊騎手 54

前走は直線いい脚で追い上げるも及ばず…
前走は差す競馬で上がり3F最速の「35.1」を記録も2着。
今週は開催10日目ということもあり、差し馬が有利になりそう。
ヘニーヒューズ産駒は先週土曜に同コースで『カワキタアジン』が3着に激走。
これまで右回りは(1ー1ー1ー0)複勝率100%
武豊騎手は過去3年同コース(10ー5ー5ー20)複勝率50%と今回の騎乗騎手中1位のルメール騎手に次ぐ2位の成績。
南井克己調教師は過去3年同コース(4ー7ー1ー6)複勝率66.7%を記録している。

2人気(3.9倍)・・・2着
複勝(1.4倍)

○10R「横津岳特別(3歳以上・2勝クラス)」芝2600m

ラヴィンジャー』牝5・・・古川吉洋騎手 55

コース適性の高い夏馬…
函館芝2600mはこれまで(1ー1ー1ー1)複勝率75%と安定している。
夏場(7月〜9月)はこれまで(0ー2ー2ー0)と複勝率100%
騎乗する古川吉洋騎手も過去3年同コース(3ー1ー1ー5)と複勝率50%
前走は3着も4着馬には2馬身と離していた。

1人気(2.7倍)・・・2着
複勝(1.2倍)

○11R「第69回北海道新聞杯クイーンステークス(GⅢ)」芝1800m

シゲルピンクダイヤ』牝5・・・和田竜二騎手 55

久々の右回りレース…
過去5走はすべて左回りのレースだった。
右回りは(1ー2ー3ー4)で複勝率60%で反対に左回りは(0ー1ー0ー6)という戦績。
クイーンステークスは過去10年でヴィクトリアマイルからのローテーションは(3ー4ー4ー12)複勝率47.8%という成績。
函館芝1800mダイワメジャー産駒(3ー3ー1ー11)複勝率38.9%
久々の得意の右回りのレースで期待。

クイーンステークス2021』についてはレース傾向分析をした記事を載せていますので、リンクをクリックしてご覧ください。

4人気(10.5倍)・・・10着

新潟(芝コースAコース)

○10R「柳都S(3歳以上・3勝クラス)」ダート1800m

スズカゴウケツ』牡4・・・松山弘平騎手 55

新潟ダート1800m複勝率100%…
新潟ダート1800mは(1ー2ー1ー0)複勝率100%
同コースは9走前の未勝利戦で『7馬身差』で圧勝した舞台。このときのタイム「1.52.2」は新潟ダート1800m良馬場で今回出走メンバー中1番のタイム。
夏場(7月〜9月)は(1ー2ー0ー0)複勝率100%
新潟ダート1800mスズカコーズウェイ産駒過去3年(1ー3ー1ー4)複勝率55.6%

2人気(4.5倍)・・・8着

○11R「関越S(3歳以上・オープン)」芝1800m(外)

サトノウィザード』牡5・・・福永祐一騎手 56

転厩初戦だが…
栗東の松田国英厩舎が解散し、美浦の宮田敬介厩舎に転厩しての初戦。
左回りは内に刺さる面があるが、新潟芝は(1ー1ー0ー0)複勝率100%
決して不得意ということはなく、今回同コース過去3年で複勝率5割を超える福永祐一騎手に乗り替わり、上手くエスコートしてくれることに期待したい。
福永祐一騎手過去3年新潟芝1800mは(5ー2ー4ー9)複勝率55%
サトノウィザードは夏場(7月〜9月)は(1ー1ー1ー0)複勝率100%

2人気(4.8倍)・・・1着
複勝(2.1倍)

ここまでご覧いただきありがとうございました。
次回は2021年8月7日(土)の中央競馬予想『函館』『新潟』になります。