【騎手の偉業】JRA全場重賞制覇した騎手たちまとめ

2021年9月10日

※この記事は2021年9月5日(日)に更新されています。

1952年に『中京競馬場』が開場されて以来、JRAには全部で『10会場』の競馬場があります。

『札幌』『函館』『福島』『新潟』『東京』『中山』『中京』『京都』『阪神』『小倉』

それぞれの各競馬場で重賞が行われていますが、JRAの全ての競馬場で『重賞』を勝利した騎手は何人いるのでしょうか?

下記では、JRAの全ての競馬場で重賞を勝利した騎手を紹介しています。

こんな方にオススメの記事です!

・JRAの全ての競馬場で『重賞』を勝利した騎手を知りたい!

・JRAの全ての競馬場で『重賞』勝利に王手がかかってる現役騎手は?

これまで『JRA全場重賞制覇』を達成した騎手は『6人』います!

※2021年9月5日(日)現在

『安田富男』(1996年7月14日・札幌競馬場)

史上初の『JRA全場重賞制覇』を達成した騎手!

初重賞制覇はデビューから6年目の『26歳』の時、『小倉競馬場』で行われた、OP『小倉大賞典』(1974年)の『ノボルトウコウ』でした。

『ノボルトウコウ』で『福島競馬場』『新潟競馬場』『小倉競馬場』の3つの競馬場で重賞勝利を果たしています!

『JRA全場重賞制覇』はデビューから28年目の『48歳』の時、『札幌競馬場』で行われた、GⅢ『札幌スプリントステークス』(1996年)の『ノーブルグラス』で達成しています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場1996年GⅢ『札幌スプリントSノーブルグラス
函館競馬場1987年G『タマツバキ記念ロータリーザハレー
福島競馬場1975年OP『七夕賞ノボルトウコウ
新潟競馬場1974年OP『関屋記念ノボルトウコウ
東京競馬場1976年OP『目黒記念ハクバタロー
中山競馬場1978年OP『クイーンCキクキミコ
中京競馬場1975年OP『中日新聞杯サンポウ
京都競馬場1976年OP『菊花賞グリーングラス
阪神競馬場1984年OP『報知杯4歳牝馬特別ダイナシュガー
小倉競馬場1974年OP『小倉大賞典ノボルトウコウ

『武豊』(1997年7月27日・函館競馬場)

2人目の達成騎手は騎手通算勝利数歴代1位の『日本競馬界のレジェンド』!

初重賞制覇はデビュー1年目の『18歳』の時、『京都競馬場』で行われた、GⅡ『京都大賞典』(1987年)の『トウカイローマン』でした。

デビューから10年での『JRA全場重賞制覇』は史上最速の記録です!

『JRA全場重賞制覇』はデビューから10年目の『28歳』の時、『函館競馬場』で行われた、GⅢ『函館3歳ステークス』(1997年)の『アグネスワールド』で達成しています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場1993年GⅢ『札幌記念ナリタチカラ
函館競馬場1997年GⅢ『函館3歳Sアグネスワールド
福島競馬場1997年GⅢ『七夕賞マイネルブリッジ
新潟競馬場1996年GⅢ『関屋記念エイシンガイモン
東京競馬場1989年GⅠ『天皇賞・秋スーパークリーク
中山競馬場1990年GⅠ『スプリンターズSバンブーメモリー
中京競馬場1990年GⅢ『中日スポーツ賞4歳Sロングアーチ
京都競馬場1987年GⅡ『京都大賞典トウカイローマン
阪神競馬場1987年GⅢ『阪神牝馬特別シヨノリーガル
小倉競馬場1991年GⅢ『北九州記念ムービースター

『藤田伸二』(2004年2月8日・小倉競馬場)

3人目の達成騎手は愛称男・藤田』の個性派騎手!

初重賞制覇はデビュー1年目の『18歳』の時、『阪神競馬場』で行われた、GⅢ『ラジオたんぱ杯3歳ステークス』(1991年)の『ノーザンコンダクト』でした。

『JRA全場重賞制覇』はデビュー13年目の『31歳』の時、『小倉競馬場』で行われた、GⅢ『小倉大賞典』(2004年)の『メイショウバトラー』で達成しています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場1993年G『セイユウ記念シゲルホームラン
函館競馬場1992年G『タマツバキ記念ネオアイク
福島競馬場1998年GⅢ『ラジオたんぱ賞ビワタケヒデ
新潟競馬場1993年GⅢ『新潟3歳Sエクセレンスロビン
東京競馬場1992年GⅡ『アルゼンチン共和国杯ミナミノアカリ
中山競馬場1993年GⅡ『セントライト記念ラガーチャンピオン
中京競馬場1993年GⅢ『ウインターSローリエアンドレ
京都競馬場1992年GⅠ『エリザベス女王杯タケノベルベット
阪神競馬場1991年GⅢ『ラジオたんぱ杯3歳Sノーザンコンダクト
小倉競馬場2004年GⅢ『小倉大賞典メイショウバトラー

『横山典弘』(2016年9月4日・新潟競馬場)

4人目の達成騎手は現役騎手通算勝利数『2位』の騎手!

初重賞制覇はデビューから3年目の『20歳』の時、『中京競馬場』で行われた、GⅢ『ウインターステークス』(1988年)の『ソダカザン』でした。

『JRA全場重賞制覇』はデビュー30年目の『48歳』の時、『新潟競馬場』で行われた、GⅢ『新潟記念』(2016年)の『アデイインザライフ』で達成しています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場1990年G『セイユウ記念トキノリバティー
函館競馬場1990年GⅢ『函館3歳Sミルフォードスルー
福島競馬場2005年GⅢ『ラジオたんぱ賞コンラッド
新潟競馬場2016年GⅢ『新潟記念アデイインザライフ
東京競馬場1990年GⅡ『4歳牝馬特別キョウエイタップ
中山競馬場1990年GⅢ『中山金杯メジロモントレー
中京競馬場1988年GⅢ『ウインターSソダカザン
京都競馬場1990年GⅡ『京都新聞杯メジロライアン
阪神競馬場1998年GⅢ『プロキオンSテンパイ
小倉競馬場2009年GⅢ『小倉大賞典サンライズマックス

『秋山真一郎』(2018年4月21日・福島競馬場)

5人目の達成騎手は世界的名手『R.ムーア』が認めた騎手!

初重賞制覇はデビューから2年目の『19歳』の時、『阪神競馬場』で行われた、GⅡ『神戸新聞杯』(1998年)の『カネトシガバナー』でした。

『JRA全場重賞制覇』はデビューから20年目の『39歳』の時、『福島競馬場』で行われた、GⅢ『福島牝馬ステークス』(2018年)の『キンショーユキヒメ』で達成しています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場2008年GⅢ『キーンランドCタニノマティーニ
函館競馬場2006年GⅢ『函館SSビーナスライン
福島競馬場2018年GⅢ『福島牝馬Sキンショーユキヒメ
新潟競馬場2017年GⅢ『新潟記念タツゴウゲキ
東京競馬場2007年GⅡ『フローラSベッラレイア
中山競馬場2002年GⅡ『京王杯2歳Sブルーコンコルド
中京競馬場1998年GⅢ『愛知杯カネトシガバナー
京都競馬場2000年GⅢ『京都金杯キョウエイマーチ
阪神競馬場1998年GⅡ『神戸新聞杯カネトシガバナー
小倉競馬場1999年GⅢ『小倉3歳Sアルーリングアクト

『池添謙一』(2020年11月15日・福島競馬場)

6人目の達成者は『平成のグランプリ男』!

初重賞制覇はデビュー1年目の『19歳』の時、『阪神競馬場』で行われた、GⅢ『北九州記念』(1998年)の『トウショウオリオン』でした。

『JRA全場重賞制覇』はデビューから22年目の『41歳』の時、『福島競馬場』で行われた、GⅢ『福島記念』(2020年)の『バイオスパーク』で達成しています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場2001年GⅢ『クイーンSヤマカツスズラン
函館競馬場2004年GⅢ『函館SSシーイズトウショウ
福島競馬場2020年GⅢ『福島記念バイオスパーク
新潟競馬場2018年GⅢ『新潟記念ブラストワンピース
東京競馬場2008年GⅠ『優駿牝馬トールポピー
中山競馬場2003年GⅠ『スプリンターズSデュランダル
中京競馬場2001年GⅡ『東海Sハギノハイグレイド
京都競馬場2000年GⅢ『ファンタジーSタシロスプリング
阪神競馬場1998年GⅢ『北九州記念トウショウオリオン
小倉競馬場2008年GⅢ『倉記念ドリームジャーニー

以上の6人の騎手が『JRA全場重賞制覇』を達成しています!

『JRA全場重賞制覇に王手をかけている騎手たちは『7人』います!

※2021年9月5日(日)現在

『柴田善臣』(函館競馬場)

初重賞制覇はデビュー4年目の『21歳』の時、『東京競馬場』で行われた、GⅢ『中山牝馬ステークス』(1988年)の『ソウシンホウジュ』でした。

『小倉競馬場』で行われた、GⅢ『愛知杯』(2020年)の『デンコウアンジュ』での勝利により、『JRA全場重賞制覇』に王手をかけています!

『JRA全場重賞制覇』まで残すは『函館競馬場』の重賞となっており、これまで『函館競馬場』での重賞は、10度騎乗し、最高着順の『4着』が3回あります!

ちなみに直近での函館競馬場の重賞騎乗は、GⅢ『函館記念』(2018年)の『ブレスジャーニー』(4着)となっています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場2002年GⅢ『エルムSプリエミネンス
函館競馬場
福島競馬場1988年GⅢ『関屋記念ヒシノリフオー
新潟競馬場1988年GⅢ『京成杯AHホクトヘリオス
東京競馬場1988年GⅢ『中山牝馬Sソウシンホウジュ
中山競馬場1989年GⅢ『テレビ東京賞3歳牝馬Sヤマタケサリー
中京競馬場1995年GⅡ『高松宮杯マチカネタンホイザ
京都競馬場2007年GⅢ『京都金杯マイネルスケルツィ
阪神競馬場1996年GⅢ『毎日杯タイキフォーチュン
小倉競馬場2020年GⅢ『愛知杯デンコウアンジュ

『岩田康誠』(福島競馬場)

初重賞制覇は地方競馬所属(園田競馬)だった『28歳』の時、『阪神競馬場』で行われた、GⅢ『セントウルステークス』(2002年)の『ビリーヴ』でした。

『小倉競馬場』で行われた、GⅢ『小倉2歳ステークス』(2015年)の『シュウジ』での勝利により、『JRA全場重賞制覇』に王手をかけています!

『JRA全場重賞制覇』まで残すは『福島競馬場』の重賞となっており、これまで『福島競馬場』での重賞は、度騎乗し、最高着順の『2着』が2回あります!

ちなみに直近での福島競馬場の重賞騎乗は、GⅢ『七夕賞』(2021年)の『ショウナンバルディ』(3着)となっています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場2006年GⅢ『キーンランドCチアフルスマイル
函館競馬場2008年GⅢ『函館SSキンシャサノキセキ
福島競馬場
新潟競馬場2008年GⅢ『新潟2歳Sセイウンワンダー
東京競馬場2007年GⅠ『ジャパンカップアドマイヤムーン
中山競馬場2008年GⅠ『朝日杯FSセイウンワンダー
中京競馬場2006年GⅡ『金鯱賞コンゴウリキシオー
京都競馬場2004年GⅠ『菊花賞デルタブルース
阪神競馬場2002年GⅢ『セントウルSビリーヴ
小倉競馬場2015年GⅢ『小倉2歳Sシュウジ

『福永祐一』(福島競馬場)

初重賞制覇はデビュー2年目の『21歳』の時、『東京競馬場』で行われた、GⅢ『東京スポーツ杯3歳ステークス』(1997年)の『キングヘイロー』でした。

『札幌競馬場』で行われた、GⅡ『札幌記念』(2011年)の『トーセンジョーダン』での勝利により、『JRA全場重賞制覇』に王手をかけています

『JRA全場重賞制覇』まで残すは『福島競馬場』の重賞となっており、これまで『福島競馬場』での重賞は、7度騎乗し、最高着順の『2着』が1回あります!

ちなみに直近での福島競馬場の重賞騎乗は、GⅢ『七夕賞』(2020年)の『ブラヴァス』(2着)となっています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場2011年GⅡ『札幌記念トーセンジョーダン
函館競馬場2002年GⅢ『函館SSサニングデール
福島競馬場
新潟競馬場2005年GⅢ『関屋記念サイドワインダー
東京競馬場1997年GⅢ『東京スポーツ杯3歳Sキングヘイロー
中山競馬場1999年GⅠ『朝日杯3歳Sエイシンプレストン
中京競馬場2002年GⅡ『東海Sハギノハイグレイド
京都競馬場1998年GⅢ『小倉記念テイエムオオアラシ
阪神競馬場1998年GⅢ『シリウスSマコトライデン
小倉競馬場2000年GⅢ『小倉3歳Sリキセレナード

『戸崎圭太』(小倉競馬場)

初重賞制覇は地方競馬所属(大井競馬)だった『30歳』の時、『東京競馬場』で行われた、GⅢ『武蔵野ステークス』(2010年)の『グロリアスノア』でした。

『札幌競馬場』で行われた、GⅢ『キーンランドカップ』(2016年)の『ブランボヌール』での勝利により、『JRA全場重賞制覇』に王手をかけています!

『JRA全場重賞制覇』まで残すは『小倉競馬場』の重賞となっており、これまで『小倉競馬場』での重賞は、1度騎乗し、最高着順の『2着』が1回あります!

ちなみに直近での小倉競馬場の重賞騎乗は、GⅢ『小倉記念』(2017年)の『サンマルティン』(2着)となっています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場2016年GⅢ『キーンランドCブランボヌール
函館競馬場2013年GⅢ『クイーンSアイムユアーズ
福島競馬場2012年GⅢ『ラジオNIKKEI賞ファイナルフォーム
新潟競馬場2014年GⅢ『レパードSアジアエクスプレス
東京競馬場2010年GⅢ『武蔵野Sグロリアスノア
中山競馬場2013年GⅢ『京成杯AHエクセラントカーヴ
中京競馬場2014年GⅢ『プロキオンSベストウォーリア
京都競馬場2015年GⅢ『きさらぎ賞ルージュバック
阪神競馬場2013年GⅠ『阪神JFレッドリヴェール
小倉競馬場

『川田将雅』(函館競馬場)

初重賞制覇はデビュー3年目の『20歳』の時、『小倉競馬場』で行われた、GⅢ『小倉大賞典』(2006年)の『メジロマイヤー』でした。

『福島競馬場』で行われた、GⅢ『七夕賞』(2015年)の『グランデッツァ』での勝利により、『JRA全場重賞制覇』に王手をかけています!

『JRA全場重賞制覇』まで残すは『函館競馬場』の重賞となっており、これまで『函館競馬場』の重賞は、4度騎乗し、最高着順の『4着』が1回あります!

ちなみに直近での函館競馬場での重賞騎乗は、GⅢ『クイーンステークス』(2021年)の『ドナアトラエンテ』(11着)となっています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場2014年GⅡ『札幌記念ハープスター
函館競馬場
福島競馬場2015年GⅢ『七夕賞グランデッツァ
新潟競馬場2008年GⅢ『新潟大賞典オースミグラスワン
東京競馬場2006年GⅡ『目黒記念ポップロック
中山競馬場2008年GⅢ『中山金杯アドマイヤフジ
中京競馬場2006年GⅢ『中京記念マチカネオーラ
京都競馬場2007年GⅡ『デイリー杯2歳Sキャプテントゥーレ
阪神競馬場2007年GⅡ『セントウルSサンアディユ
小倉競馬場2006年GⅢ『小倉大賞典メジロマイヤー

『藤岡康太』(福島競馬場)

初重賞制覇はデビュー3年目の『20歳』の時、『中京競馬場』で行われた、GⅢ『ファルコンステークス』(2009年)の『ジョーカプチーノ』でした。

『札幌競馬場』で行われた、GⅢ『エルムステークス』(2019年)の『モズアトラクション』での勝利により、『JRA全場重賞制覇』に王手をかけています!

『JRA全場重賞制覇』まで残すは『福島競馬場』の重賞となっており、これまで『福島競馬場』の重賞は、5度騎乗し、最高着順の『11着』が2回あります!

ちなみに直近での福島競馬場での重賞騎乗は、GⅢ『福島記念』(2020年)の『ドゥオーモ』(12着)となっています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場2019年GⅢ『エルムSモズアトラクション
函館競馬場2014年GⅢ『函館2歳Sアクティブミノル
福島競馬場
新潟競馬場2013年GⅢ『新潟大賞典パッションダンス
東京競馬場2009年GⅠ『NHKマイルCジョーカプチーノ
中山競馬場2018年GⅢ『ダービー卿CTヒーズインラブ
中京競馬場2009年GⅢ『ファルコンSジョーカプチーノ
京都競馬場2011年GⅢ『シルクロードSジョーカプチーノ
阪神競馬場2010年GⅢ『マーメイドSブライティアパルス
小倉競馬場2016年GⅢ『北九州記念バクシンテイオー

『C.ルメール』(小倉競馬場)

初重賞制覇は短期免許で来日していた『26歳』の時、『中山競馬場』で行われた、GⅠ『有馬記念』(2005年)の『ハーツクライ』でした。

『函館競馬場』で行われた、GⅢ『クイーンステークス』(2021年)の『テルツェット』での勝利により、『JRA全場重賞制覇』に王手をかけています!

『JRA全場重賞制覇』まで残すは『小倉競馬場』の重賞となっており、これまで『小倉競馬場』の重賞は、7度騎乗し、最高着順の『3着』が1回あります!

ちなみに直近での小倉競馬場での重賞騎乗は、GⅢ『愛知杯』(2020年)の『センテリュオ』(5着)となっています。

競馬場名レース名馬名
札幌競馬場2016年GⅡ『札幌記念ネオリアリズム
函館競馬場2021年GⅢ『クイーンSテルツェット
福島競馬場2015年GⅢ『ラジオNIKKEI賞アンビシャス
新潟競馬場2019年GⅢ『関屋記念ミッキーグローリー
東京競馬場2006年GⅢ『デイリー杯クイーンCコイウタ
中山競馬場2005年GⅠ『有馬記念ハーツクライ
中京競馬場2006年GⅢ『中日新聞杯トーホウアラン
京都競馬場2008年GⅠ『エリザベス女王杯リトルアマポーラ
阪神競馬場2008年GⅠ『ジャパンカップダートカネヒキリ
小倉競馬場

以上の7人の騎手が現役騎手の中で『JRA全場重賞制覇』に王手をかけています!

毎週のように重賞を勝利している『C.ルメール騎手』でも、王手をかけたのはつい最近というのはかなり意外な印象です。
これまで『福島競馬場』での重賞騎乗は勝利した『ラジオNIKKEI賞』(2015年)の『1度だけ』ですが、少ない騎乗回数でも結果を残しているのは、流石の一言です。

また『岩田康誠騎手』は『福島競馬場』の重賞はスゴイことに騎乗機会『4回』で全て3着以内(0ー2ー2ー0/4)で、『JRA全場重賞制覇』まであと一歩のところまで来ています。

次に『JRA全場重賞制覇』を達成する騎手ははたしてどの騎手になるのか、注目したいところですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。